レッドリボンさっぽろのブログ

HIV陽性者・AIDS患者との共生と差別・偏見のない社会の実現を目指し、北海道で活動をするNPO法人レッドリボンさっぽろの公式ブログです

ヤフオク出品中!ハンドメイドパッチワーク えんじ色のフレーム 107㎝×102㎝

ただいま、ヤフオク!でレッドリボンさっぽろのキルト部門で製作した作品を出品しています。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191124193724p:plain

たくさんの色柄の生地を集めて作りました。
えんじ色のフレームが、全体を引き締めています。
小さいお子様のプレイマットとしてなど、利用範囲の広がる作品です。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191124193745p:plain

裏面も表面のイメージを引き立てる生地となっています。

この商品は以下のページから入札することが出来ます。(ほかの詳細画像もあります)

page.auctions.yahoo.co.jp
NPO法人レッドリボンさっぽろキルト部門では、HIV/エイズを原因とするさまざまなトラブルの中にいる子供達をサポートすることを目的として活動しています。
子供達が、より良い環境の中で暮らしたり、教育を受けたりすることができるようになればと願い、海外エイズ遺児支援団体に定期的に寄付金を贈りその活動に役立てていただいております。
今回のオークションで得たお金は、その資金の一部として使わせて頂きます。
あなたの支払った代金が、そのままHIV/エイズに苦しむ子供達に喜びを与えます。
私達の主旨にご賛同頂きましたら、是非入札をお願いいたします。

【報告】10/19(土)に陽性者交流会 in HOKKAIDOが開催されました。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190422211135j:plain

朝晩少しずつ寒くなり、紅葉も終わりに近づいてきた10月19日(土)に、今年度4回目となる土曜日の陽性者交流会inHOKKAIDOを札幌市内の公共施設で、初参加3名を含めた総勢13名開催しました。

いつものようにグランドルールの読み合わせをした後、カードを使って自己紹介を行いました。

『参加しようと思った動機』を選んだ方からは、「通院している拠点病院で看護師さんに教えてもらいました。自分でもネットなどでよく調べて参加することにしました。皆さん優しそうな人たちで安心しました」との声を頂きました。どんな人でも初めて参加する時ってすごく勇気が必要ですよね。今後も初めて参加される方にとっても居心地がよい雰囲気づくりをしていきたいと改めて感じました。

そして、『私の近況報告』では、「楽しみにしているライブが近々2つあります。仕事は大変だけど、それを楽しみに日常を暮らしています」そうそう、大事なことですよね、楽しみにしていることって。楽しみなことが原動力になるから、いやな仕事でも頑張らなきゃ!!って思えるんですよね。

後半は、参加している皆さんから頂いた質問などをカードにしてそれをテーマにトークをしています。

『感染発覚後、友人には伝えましたか?』という質問では、仲のよい友人・親友には伝えていると言う人が多かった一方、「誰にも伝えていませんし、今後も伝えるつもりはありません。墓まで持って行くつもりです」という方もおりました。どちらが良いということではありません。自分がどうしたいのか?伝えられた相手はきちんと受け止めきれるのかと言ったことも考えられるといいですよね。 

 『キャッシュレス決済を使っていますか?』
10月についに消費税が8%から10%になりました。増税後に利用店舗によっては2%または5%のポイント還元が経済産業省などの施策で行われていますね。利用できる店舗が徐々に増えていることもあってか2/3くらいの方が何かしらのキャッシュレス決済を使っているようでした。PayPay、nanacoWAONなどに1万円程度をチャージして使ったり、クレジットカードと複数使い分けている方も。「小銭管理しなくていい」とか、「割り勘機能が便利」といった意見がありました。一方、利用していない人は「いろいろありすぎて面倒…もうちょっと統一されてからかなぁ」「あまり信用していないのでまったく使っていない。カードはもってるけど、利用は最低限」という声も。確かにもう少しまとまってくれると消費者としては使いやすいですよね・・・。

 『1ヶ月1回の注射と3ヶ月に一回の薬、どっちがいいですか?』

「月に1回通わなくちゃいけないのが負担なので、薬がいい」「どうもお尻に注射で痛いらしい・・・」「飲み忘れるかもと思ったら、注射のほうがいいなぁ」などなど意見がありましたが1ヶ月に1回の注射だと多くの方が今までのままが良いと答えましたが、『もし、今後注射の間隔が延びて3ヶ月に1度になったら?』と尋ねたところ、全く逆の結果になり、多くの方が注射が良いと答えていました。
今の通院頻度で注射をうち、薬を飲む煩わしさがなくなることは陽性者の抱える「毎日薬を飲み忘れないように・・・」とか、旅行や出張の時は「薬を忘れずに持って行かなきゃ」などいう心的ストレスの軽減につながることは喜ばしいことです。

終了後は札幌駅周辺で懇親会をおこない、みんなで牛鍋をつつき、つくねやザンギをつまみながらおいしいお酒を頂きました。次回、陽性者交流会 in HOKKAIDOは年の瀬も迫った12月21日(土)の開催です。

2019年8月~2020年4月実施の陽性者交流会inHOKKAIDOは北海道ろうきん様の助成により無料で参加頂けます。また、今年度はご要望に応え2回目の平日夜開催を実施します。次回の平日夜開催は2020年1月22日(水)の18時30分からです。

性別・セクシャリティ・感染経路を問わず、陽性者の方であればどなたでも参加頂けます。これまで参加したことがないあなたもこの機会に是非参加してみませんか?交流会でお会いできるのを楽しみにしております。

http://redribbon.or.jp/peer/

 
(ミツル&龍太)

ヤフオク出品中!ハンドメイドパッチワーク「ログキャビンのクリスマスツリー」ミニオーナメントギフト付き(新品)

ただいま、ヤフオクでレッドリボンさっぽろのキルト部門で製作した作品を出品しています。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191113201408p:plain

大きなもみの木が、枝を元気一杯に広げています。

クリスマス気分が、グンと盛り上がるような作品に仕上がっています。

 

落札いただいた方へのプレゼントとして、小さくてかわいいオーナメントをお付けします。タペストリーに直接付けても、他の所で飾ってもいいですね。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191113202609p:plain

 

この商品は以下のページから入札することが出来ます。(ほかの詳細画像もあります)

page.auctions.yahoo.co.jp

 

NPO法人レッドリボンさっぽろキルト部門では、HIV/エイズを原因とするさまざまなトラブルの中にいる子供達をサポートすることを目的として活動しています。
子供達が、より良い環境の中で暮らしたり、教育を受けたりすることができるようになればと願い、海外エイズ遺児支援団体に定期的に寄付金を贈りその活動に役立てていただいております。
今回のオークションで得たお金は、その資金の一部として使わせて頂きます。
あなたの支払った代金が、そのままHIV/エイズに苦しむ子供達に喜びを与えます。
私達の主旨にご賛同頂きましたら、是非入札をお願いいたします。

【報告】9/15(日)さっぽろレインボープライドに参加しました。

ご無沙汰してます。くるみです。
報告が遅くなってしまい、すみません!

やーーーーっと、原稿がまとまったので(他のスタッフから、かなり前に原稿頂いたのに、私が書ききれずにいました><;)レポートを載せられます!!!!
2019年9月15日(日)、さっぽろレインボープライドが開催され、当会でもブース出展・パレード参加をしました。参加スタッフのレポート・感想をご紹介しま~す。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191029185339j:plain

今年のブース出展は例年と異なり、大通りの三越とパルコの間の道路が歩行者天国となり、そこで様々な企業やNPO等々がテントを並べ、ブース出展を行いました。LGBTsやアライの方々だけではなく、多くの市民の皆さんが立ち寄りやすい環境だったので、どの団体も「ブースを出している」というだけでも、意味があり、情報を発信・伝えることができるイイ機会だったと思います。
当会のブースでは、資料やコンドーム、布レッドリボン等の啓発グッズの配布を行いました。配布しようと思っていたリーフレットセットが全部なくなるくらい、ブースを手伝って下さったスタッフの皆さんが、頑張ってくれましたよ。ブース参加してくれたミツルさん、ひろちゃん、スタッフFさん、ありがとうございました。

隣のブースだった「おばけのスタンプ屋さん」が「U=U(※)」や「当会のロゴ」のスタンプを作ってくださり、また新たな繋がりも持てたイベントになったと思います。「来年も隣のブースで一緒に何かしたいですね」なんて言いながら、終始楽しくブース出展することができました。

様々な人が、ブースに足を運んでくださり、「このコンドームかわいいですね」「感染がわかったら、生活はどう変わるんですか?」とかお話する機会も持て、情報のUPDATEに繋がったかな、と思います。
個人的には反省点の多い今回のブース出展でしたが、皆さまのおかげで、無事に終えることが出来ました。どうもありがとうございました。(くるみ)

☆**********************☆

皆さんこんにちは。ひろこです。
先日レインボープライド2019へブース出展をしてきました(^^)
今回は、初めて歩行者天国での開催ということでブース参加を楽しみにしていました!
出展の時間が短い中、ミツルさん、くるみちゃん、スタッフFさんが積極的に当会のリーフレットティッシュなどを配布してくれていたので、私は後方支援として備品補充や、ディスプレイ整備などにチカラを入れ頑張りました*\(^o^)/*
立ち寄ってくれた方たちの目にとまりやすいグッズの配置なども今後考えられたらいいなと思いました。
ブースから一歩外に出ると他団体さんの活動、ステージ、歩行者天国を歩く人たち、実行委員さんやブース設営をしてくれたボランティアスタッフさんたち、本当に沢山の人たちの姿が目に入りました。色んな方たちの協力で、この素敵な場が出来てることを感じながら、年に1度のブース出展に今年も皆んなと参加出来たことをとても嬉しく思いました。来年もまた、参加したいと思っています(^^)(ひろこ)

・。♪・。♯・。♪・。♯・。♪・。♯・。♪・。

ブース参加は今回が初めてで、今回から場所が変更になり、より札幌市内中心部になったことにも緊張しました。
当日は他の皆さんの動きをお手本にしながら、これまで個人で参加していた時と、一員としてブース参加している今の自分を切り替えるように言い聞かせながらアウトリーチに集中するよう努めていました。声をかけた方に片言の英語で「セルフヘルプグループ」と言え、ドネーションが頂けたのが印象に残っています。
(スタッフF)

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-

今年のさっぽろレインボープライドは、何か違うことをやりたいと思い、レッドリボンさっぽろでもプラカードを作りました。去年が台風の影響で午前中は天候がよくなかったこともあり、表面をフィルムで包みました。10枚ほどしか作成しませんでしたが、様々な方にプラカードを持って歩いてもらうことができました。(当会理事の冨田さんご家族にも持って頂きましたよ。)
でも、最近の世の中の流れなんでしょうね。ほんとにひと昔前では考えられないくらい、支援をするいろいろな企業さんとか、団体さんの参加が増えて来ました。
別に「男は女を好きにならなきゃいけない」「女は男を好きになるもの」「男は男らしく」「女は女らしく」…そんな決めつける必要もないですよね。みんなが自分らしく生きることができれば。(ミツル)
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
(※)U=U → Undetectable=Untransmittableの略。
「検出限界以下は感染しない」抗HIV薬の服用で血液中にウィルスを検出できない状態を6ヶ月以上保てば、誰かにHIVを感染させることはありません。 

ヤフオク出品中!パッチワークキルト「ブルーとグレー」(新品)

ただいま、ヤフオクでレッドリボンさっぽろのキルト部門で製作した作品を出品しています。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191028182211j:plain

 

今回の出品は、海を思わせる色合いの、たて96㎝×よこ96㎝のハンドメイドキルトです。

深い海に光がキラキラと反射して、輝いているようです。

ブルーとグレーの生地で、とてもメリハリのある作品に仕上げました。

 

この商品は以下のページから入札することが出来ます。(ほかの詳細画像もあります)

page.auctions.yahoo.co.jp

 

NPO法人レッドリボンさっぽろキルト部門では、HIV/エイズを原因とするさまざまなトラブルの中にいる子供達をサポートすることを目的として活動しています。

子供達が、より良い環境の中で暮らしたり、教育を受けたりすることができるようになればと願い、海外エイズ遺児支援団体に定期的に寄付金を贈りその活動に役立てていただいております。

今回のオークションで得たお金は、その資金の一部として使わせて頂きます。
あなたの支払った代金が、そのままHIV/エイズに苦しむ子供達に喜びを与えます。

私達の主旨にご賛同頂きましたら、是非入札をお願いいたします。

【報告】旭川市保健所主催「思春期性感染症予防講演会」で講演を行ってきました

去る10月7日、旭川市保健所にて「思春期性感染症予防講演会」に講師としてお招き頂き、講演を行ってきました。

HIV陽性者を取り巻く現状と課題』をテーマにお話しし、介護施設職員、養護教員、医療関係者など、20名ほどの方にご参加頂きました。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191021221552j:plain

自己紹介と、HIVの感染経路などの基礎知識のおさらいをした後に通院頻度、医療費、1日1回1錠が主流となっている服薬など現在のHIV治療や利用する制度についてをお伝えしました。その後にU=Uといった最新の知識はもちろん、陽性者が抱えているリアルな「困ったな・・・」など、1時間ほどかけてお話ししました。

 

私自身、レッドリボンさっぽろの一員として講演を行うことは初めてでしたので少し緊張しましたし、この内容で伝わるだろうか?とギリギリまで悩んでいました。

しかしながら講演会終了後のアンケートでは、
「これまで気づかなかった陽性者の方々の困難を知ることができました」
「自分の持っている知識の偏り、アップデートできていないことへの驚きがあった」と参加された皆様からありがたいお言葉を頂くことができ、一安心しました。

 

当日は様々な立場の方にご参加頂きましたので、この講演をきっかけにして今年度より始めた事業にもつながればいいなと思っています。

 

最後に今回企画して頂きました旭川市保健所の皆様、そしてご参加頂きました皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

(秋山)

ヤフオク出品中!パッチワークキルト「ヘキサゴンのお花」(新品)

ただいま、ヤフオクでレッドリボンさっぽろのキルト部門で製作した作品を出品しています。 f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191021201213p:plain

今回の出品は、きれいなお花がいっぱいの、たて121㎝×よこ108㎝のハンドメイドキルトです。

ソフトな色合い、ビビットな色合い、いろいろな色柄の生地で作られた、きれいなお花が満開です。

これから寒くなっていく季節に向けて、こんなきれいなお花たちのパッチワークは、いかがでしょうか。

 

この商品は以下のページから入札することが出来ます。(ほかの詳細画像もあります)

page.auctions.yahoo.co.jp

 

NPO法人レッドリボンさっぽろキルト部門では、HIV/エイズを原因とするさまざまなトラブルの中にいる子供達をサポートすることを目的として活動しています。

子供達が、より良い環境の中で暮らしたり、教育を受けたりすることができるようになればと願い、海外エイズ遺児支援団体に定期的に寄付金を贈りその活動に役立てていただいております。

今回のオークションで得たお金は、その資金の一部として使わせて頂きます。
あなたの支払った代金が、そのままHIV/エイズに苦しむ子供達に喜びを与えます。

私達の主旨にご賛同頂きましたら、是非入札をお願いいたします。