レッドリボンさっぽろのブログ

HIV陽性者・AIDS患者との共生と差別・偏見のない社会の実現を目指し、北海道で活動をするNPO法人レッドリボンさっぽろの公式ブログです

北海道医療大学 九十九祭にブース出展中

明日6/16まで開催されている北海道医療大学の大学祭『九十九祭』に今年もブース出展しています。普段のブース出展ではスペースの都合でなかなか展示できない、当会が初めて支援したHIV陽性者クリストファー・マイルス・キングさんのメモリアルキルトやコンドームなど様々な展示を行っています。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190615124700j:image

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190615124435j:image

最新知識も盛り込んだ○×クイズもできますよ。

場所は北海道医療大学 中央講義棟C26教室で、6/15〜6/16まで出展しています。

今日・明日とあまり天気が良くないようですが、こんな天気のお出かけにいかがでしょうか。

入口ではゆるりとわたあめを作りながら、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190615124150j:image

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190615124454j:image

 

ヤフオク出品中!! 「ハンドメイド パッチワーク ベビーキルト スーちゃんとビリー君 (大判)」 

ただいま、ヤフオクでレッドリボンさっぽろのキルト部門で製作した作品を出品しています。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190608200109j:plain

ピンク色を基調とした131㎝×112㎝のベビーキルトです。
仲良しのスーちゃんとビリー君が、野原で遊んでいます。
たくさんの風船やハートマークに囲まれて、幸せな時を過ごしています。
とても丁寧に細かいキルトが、施されています。

以下のページから入札することが出来ます。(ほかの画像もあります)

page.auctions.yahoo.co.jp


キルト部門では、エイズを原因とするさまざまなトラブルの中にいる子供達をサポートすることを目的として活動しています。

これらの子供達が、より良い環境の中で暮らしたり、教育を受けたりすることができるようになればと願い、海外エイズ遺児支援団体に寄付金を贈って役立てていただいております。

ヤフオクで得たお金をその資金の一部として使わせて頂きます。
あなたの支払った代金が、そのままそのような子供達に喜びを与えます。

私達の主旨にご賛同頂きましたら是非入札をお願いいたします。

【報告】Sapporo5リボンズ寄附付自動販売機を新しく設置頂きました!

皆さま、こんにちは。お久しぶりの くるみ です。

いつも、当会のブログを読んで下さり、ありがとうございます。

さて、当会も参加しているSapporo5リボンズでは、サントリーさんや企業の方々にご協力頂き、「寄附付自動販売機」を設置しています。 これは自動販売機内の飲料水の売り上げの一部がSapporo5リボンズに寄付されるものです。

Sapporo5リボンズ は、女性とこどもの「自分らしく生きる」を応援する5色のリボンたちが、一緒に活動の輪を広げていくことを目的に集まったネットワークです。私たちレッドリボン(HIV/AIDS)のほかにピンクリボン乳がん)、パープルリボン(女性への暴力)、オレンジリボン(子供への虐待)、ゴールドリボン(子供のがん)に対する活動があります。

今年度新しく、株式会社ディノス・セシール コミュニケーションズ 様がご協力頂ける事になり、5月15日、Sapporo5リボンズ事務局メンバーと私が、仲間を代表し感謝状をお渡しして来ました。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190522233010j:plain

社員は700名程いらっしゃるそうで、この社員の方々が使用される自動販売機が写真のような寄附付自動販売機になると考えると…すごいことですよね。多くの方々に札幌で共に活動している5つのリボンの活動も知って頂ける機会を作って頂き、本当に感謝です。 今回は、設置されているサントリーさんの自動販売機を寄附付自動販売機にチェンジしてくださいました。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190522233042j:plain

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190522233115j:plain

そして、いつもいつも5リボンズへの寄附付自動販売機の設置をご提案いただき、サントリービバレッジサービス株式会社様にも、本当に感謝です。

たくさんの方々の応援やご支援があって、活動出来ている事を実感します。

レッドリボンさっぽろは、HIV陽性者・エイズ患者への差別・偏見のない社会づくりを目的に活動しています。まだまだ、遠い未来かもしれない。だけど、今、私たちがやっている事が、確実に未来につながっている。

そう信じて、これからも活動していきます。

どうぞ、これからも応援よろしくお願い致します。

【HIV不当解雇訴訟】6/11原告本人尋問への応援をお願いします。

HIV不当解雇事件は、2018年7月13日の提訴から、約10か月が経過しました。これまで6回の裁判期日が開かれ、原告、被告双方の主張、反論が繰り広げられました。
しかし、HIV感染の事実は高度のプライバシー情報であり、しかも社会福祉士としての業務には関係がないため、それを病院側に告げる必要性はないという原告側の主張と、感染防止と情報拡散防止のため、病院側は原告のHIV感染を知る必要性があるという被告側の主張は、平行線のままで、話し合いでの解決は難しく、尋問によって事実を明らかにした上で、裁判所の判決を求めることになりました。
今回裁判所で尋問を行うのは、原告本人のみとなります。この原告本人尋問を、2019年6月11日午後3時から、札幌地方裁判所で行うことになりました。
尋問は公開の法廷で行われますので、皆様に傍聴していただけます。原告への応援の意味も込めて、ぜひ多くの方に傍聴いただければと思います。
当日は、直接札幌地方裁判所にお越しください。法廷は、当日裁判所にてご確認ください。所要時間は1時間30分ほどです。終了後には、簡単な報告集会を開催したいと考えています。
よろしくお願いいたします。

弁護士 加藤 丈晴
http://www.hg-law.jp/lawyer/kato.html

 

◯日時:2019年6月11日(火)15時~16時30分予定(終了後、報告集会をおこないます)
◯場所:札幌地方裁判所 
札幌市中央区大通西11丁目
(地下鉄東西線西11丁目駅から北方向へ徒歩3分)

 

◯裁判を見るときの注意

http://www.courts.go.jp/sapporo/kengaku/tyuui/index.html

 

◯これまでの経緯
10月2日に、HIV不当内定取り消し訴訟の第1回期日がありました。
今回の裁判は、15名ほどの方に傍聴していただきました。
この日の期日では、当方の訴状と被告の答弁書が陳述され、双方がこれまでに提出した証拠の取調べが行われました。
次回までに、被告の答弁書に対する当方の反論を行うことになり、次回期日は平成30年11月13日午前11時に指定されました。
次回期日以降は、弁論準備手続という非公開の手続によって行われることになります。
被告は、答弁書の中で、内定取り消しの理由は、原告がHIVに感染しているためではなく、「原告が平然と職場で嘘を付く人物であることから、信頼関係を築くことが困難である」と判断したためであるとし、さらに、カルテが職場にあることからその情報が拡散しないようにする必要があること、HIVの感染経路として創傷からの血液感染があり、医療機関である被告病院では感染の危険性が高いことから、HIV感染の事実は原告のプライバシーだけの問題ではなく、同時に被告のコンプライアンスの問題でもあるとして、本件では、原告がHIV感染を告げなかったことについて、必要性も許容性もないとしています。
かかる被告の反論が不当であることは明らかであり、次回以降の裁判で、その不当性を明らかにしていきます。
次回期日以降はあいにく非公開の手続となるため、傍聴していただけませんが、引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

弁護士 加藤 丈晴
http://www.hg-law.jp/lawyer/kato.html

・・・・・・・・・・・・・・・

第一回期日の日は、私も当会スタッフと一緒に裁判所に出向き、傍聴席に座りました。
原告側の傍聴席には加藤弁護士のレポートにもあるように、15名ほどの方にお越しいただいていました。
レッドリボンを胸につけてくださっている方、
先日開催した「HIVとしごと 札幌フォーラム」にお越しいただいていた方などの顔があり、大変心強く感じました。
11月13日にあった第二回の期日も終了したあとは、非公開のまま裁判は進んでいましたが、このほど、当事者尋問がおこなわれることになりました。
原告の生の声の訴えに是非、耳を傾けてください。

6月11日(火)の午後3時から札幌地方裁判所でおこなわれます。
どなたでも傍聴できます。

どうぞよろしくお願いいたします。

NPO法人レッドリボンさっぽろ
村形 潤

【受付終了しました】6月2日(日)は札幌で無料即日エイズ&梅毒同時検査を実施します。

<当検査会は定員に達したため予約受付が終了しました>

次回の休日即日エイズ検査は9月中旬に『ゲイ・バイ男性向け即日エイズ検査(梅毒同時)』として実施予定です。
詳細はお待ちください。
また、毎月第2週火曜日の午後6時~午後7時半には、夜間即日エイズ検査(梅毒同時)を実施しています。
現在予約できるのは7/9(火)です。詳細はコチラ

さらに、毎週土曜日の午後4時~午後7時に札幌市中央区に開設されているHIV検査・相談室「サークルさっぽろ」でもHIV抗体検査を受けることができます。詳細はコチラ

※※※

「感染していても、いなくても、健やかな毎日を過ごすために」
6月1日から6月7日は『エイズ検査普及週間』です。
札幌市では無料・匿名・即日HIV抗体検査を受けられます。また、希望者は梅毒検査も同時に受けられます。
セクシュアリティ問わず、この機会に是非、HIVと梅毒のチェックをしてみませんか。

検査日当日まで予約可能!
但し、定員に達した時点で予約は終了しますので、お早めに。

【検査日時】2019年6月2日(日) 午前の部:10時00分~11時30分 午後の部:14時00分~15時30分

【検査会場】札幌市中央保健センター(札幌市中央区南3条西11丁目) 会場案内図

【検査の前に】
検査の結果は、原則として当日お知らせします。
ただし、判定不能の場合など、詳しい確認検査を行う必要があるときは、さらに1週間後に結果をお知らせします。
(どうしても都合が悪い場合はご相談ください。)
・感染のある機会から3ヶ月経過してからの検査をお勧めします。
・検査の結果は口頭でのみお知らせし、証明書は発行していません。

【予約について】
・検査を受けるには、事前に札幌市コールセンターへの予約が必要です。検査を希望する時間を、電話もしくはEメールでお伝えください。その際に名前や住所を伝える必要はありません。「6月2日○時○分~○時○分までの休日エイズ検査の予約」とお伝えください。希望できる時間は、(1)10:00~10:30(2)10:30~11:00(3)11:00~11:30(4)14:00~14:30(5)14:30~15:00(6)15:00~15:30の残り0枠です。
【2019年5月27日午後5時現在 予約受付終了しました

電話番号:011-222-4894(毎日8時~21時受付)
Eメール:info4894@city.sapporo.jp
予約受付期間:2019年5月11日(土)~2019年6月2日(日)検査会当日まで

・予約完了時に、「予約番号」をお知らせします。お知らせした予約番号は、検査日の受付時に確認しますので、忘れないように注意してください。※原則として予約番号の確認できない方は、検査を受けることができません。

【梅毒検査について】
・検査当日に、会場で梅毒検査も希望する旨をお伝えください。
・今回行う梅毒検査はTP法(イムノクロマト法)の1項目検査です。過去に梅毒の治療歴がある場合は、陽性と判定されてしまいますので、平日のエイズ検査で梅毒検査を受けてください。
・梅毒検査は感染のある機会から1ヶ月経過してからの検査をお勧めします。

【検査当日について】
採血してから結果がわかるまでは1時間ほどかかります。

(1)受付予約した時間帯に、中央保健センター1F正面玄関から入ろう。受付で予約番号を伝え、簡単な申込書に記入しよう。検査は無料・匿名なので安心です。名前の記入欄はありません。梅毒検査を希望することもできます。

(2)事前説明があります。担当者から、個室で検査に関する事前説明を受けよう。気になることがあれば、その時に相談もできます。話したくないことは話さなくても大丈夫です。

(3)採血をします。採血量はたったの5cc。採血してから結果がわかるまでかかる時間は、1時間ほど。待ち時間は、そのまま待合スペースで過ごしてもいいですし、外出していてもOKです。

(4)担当者から結果を聞こう。結果を受けての相談もできます。この日に行う検査では、判定ができない場合や実際には感染していなくても「陽性」という結果が出る場合があります。その場合は確認検査をおこないます。検査結果は、電話、郵送ではお知らせしません。

感染のある機会から3カ月以上経って検査を受けた方で、HIV検査結果が「陰性」の場合はHIVに感染していないことを意味します。
感染のある機会から3カ月以内に検査を受けた方で、HIV検査結果が「陰性」の場合は、確実に「陰性」であるとは言えません。感染していないことを確認するために、感染の機会から3カ月以上経ってから、もう一度検査を受けることをお勧めします。
HIV検査結果が「判定不能・判定保留」の場合は 、 詳しい確認検査が必要になります。確認検査で「陽性」の結果が出たときは、HIVに感染していることを意味します。感染が確認された場合には、信頼できる病院やカウンセラーを紹介します。
・梅毒検査結果について(受検された方のみ)
梅毒検査の結果によっては、医療機関の受診をおすすめすることがあります。

<この検査は、札幌市が主催し、NPO法人レッドリボンさっぽろが広報協力して実施しています>

【参考元】札幌市感染症総合対策課WEBサイト
エイズ検査について
休日エイズ検査について(令和元年度)

ヤフオク出品中!! 「ハンドメイド パッチワーク ベビーキルト ウサギとカメ」

ただいま、ヤフオクでレッドリボンさっぽろのキルト部門で製作した作品を出品しています。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190518180302j:plain

さまざまな表情のウサギとカメ達が、並んでいます。
きっと、仲良くお山の頂上を目指して登って行くのでしょう。
周りに散りばめられたヨーヨーが、素敵です。
ピンク色が基調のカーブが可愛らしいパッチワークキルトです。

以下のページから入札することが出来ます。

page.auctions.yahoo.co.jp


キルト部門では、エイズを原因とするさまざまなトラブルの中にいる子供達をサポートすることを目的として活動しています。

これらの子供達が、より良い環境の中で暮らしたり、教育を受けたりすることができるようになればと願い、寄付金を贈って役立てていただいております。

ヤフオクで得たお金をその資金の一部として使わせて頂きます。
あなたの支払った代金が、そのままそのような子供達に喜びを与えます。

私達の主旨にご賛同頂きましたら是非入札をお願いいたします。

ヤフオク出品中!! 「ハンドメイド パッチワーク かわいいハウス」

ただいま、ヤフオクでレッドリボンさっぽろのキルト部門で製作した作品を出品しています。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190430175804j:plain

25軒の小さい家が行儀よく並んでいます。
カラフルな屋根、キュートな窓や煙突それぞれが、ユニークです。
あなたは、どの家がお気に入りでしょうか?

以下のページから入札することが出来ます。

page.auctions.yahoo.co.jp

キルト部門では、エイズを原因とするさまざまなトラブルの中にいる子供達をサポートすることを目的として活動しています。

これらの子供達が、より良い環境の中で暮らしたり、教育を受けたりすることができるようになればと願い、寄付金を贈って役立てていただいております。

ヤフオクで得たお金をその資金の一部として使わせて頂きます。
あなたの支払った代金が、そのままそのような子供達に喜びを与えます。

私達の主旨にご賛同頂きましたら是非入札をお願いいたします。