レッドリボンさっぽろのブログ

HIV陽性者・AIDS患者との共生と差別・偏見のない社会の実現を目指し、北海道で活動をするNPO法人レッドリボンさっぽろの公式ブログです

【報告】12月21日(土)に陽性者交流会inHOKKAIDOが開催されました。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190422211135j:plain

クリスマスも間近になった12月21日(土)に初参加1名を含め総勢12名にご参加頂きました。札幌市内の公共施設にて陽性者交流会inHOKKAIDOを行いました。

 

いつものようにグランドルールの読み合わせをした後、初めて参加された方もいましたのでカードを使って自己紹介を行いました。
『私はこれで暖まっています』では、「最近、夜に電気をつなぐとあたたまる、リラックマの電気ゆたんぽをつかっています。なのでリラックマの顔に足をのっけています。」とか、「吸湿発熱毛布を購入しました。マイクロフリース毛布という感じでものすごく暖かくて、夜はこれで暖まっています。」など、話題にのぼったものは就寝時の商品が多かったですね。ちなみに私が暖まっているものは8年ほど前に買った羽毛布団です。しっかりと厚みがあるやつにしようと少し奮発して買いました。しっかりしすぎていて冬でもこの布団で寝ていると暑くて毛布がいらないんです・・・しまいには布団を剥いでしまうことがあって、かえって風邪引いちゃいそう・・・と思うときがあります。

『みかん派・りんご派』では、「断然みかん派。時々りんごも食べます。最近は冷蔵庫に入っているりんごをミキサーでスムージーにしています。」とりんごも捨てがたいとの声がある一方、「本当はりんごが好きなんですけど、アレルギーがあるんです。」なんて方も。シラカバの花粉症はりんごと関係があり、北海道や北東北ではアレルギーでりんごが食べられないという方がいらっしゃるそうです。

 

後半は参加頂いた皆さんから頂いたテーマをカードにしてトークをしています。
『病気になってよかったことや気づけたことは?』というテーマでは、「陽性者同士のつながりで全国各地に友達ができました。以前は内向的でしたが良い意味で性格もかわったと思います。」といったものや、「持病があり昔から服薬していましたが、なかなか飲めずかなりの量を捨てていました。でもこの病気になったことで、今ではどちらもきちんと飲めるようになりました。」などとポジティブな意見が多くありました。

 

『セックスライフのなかで陽性であることの自己開示をしたことはありますか?』では、「お付き合いするってときに、陽性であることを伝えたりしている。いつのタイミングで言おうかはいつも迷います。比較的若い世代のほうが知識をもっていて、“薬を飲んでいるの?”とか“治療しているなら大丈夫だね”となる。逆に40代以上のほうがリアクションが大きくて、理解が難しいんだなと感じます。」と言う声や、「正直に伝えると相手の態度が変わってしまったり、逆に伝えないことで言い争いになったり。オープンにすることで理解のある人しか声をかけてこないと考え、10年ほど前に思い切って陽性であることをSNSや出会い系アプリなどでオープンにしました。」との意見も。必ずしも伝えなければならないというものではありませんので、カミングアウトしなければならないわけではありません。自分がどうしたいか?をしっかり考えられるといいですよね。

 

終了後は札幌駅周辺で懇親会をおこない、みんなで牛すじ醤油鍋をつつき、天ぷらや竜田揚げを頂きながらおいしいお酒を頂きました。次回陽性者交流会inHOKKAIDOは2回目となる平日夜の交流会を1月22日(水)に開催いたします。次回土曜開催の交流会は2月15日(土)です。
2019年8月~2020年4月実施の陽性者交流会inHOKKAIDOは北海道ろうきん様の助成により無料で参加頂けます。

 

性別・セクシャリティ・感染経路を問わず、陽性者の方であればどなたでも参加頂けます。これまで参加したことがないあなたもこの機会に是非参加してみませんか?交流会でお会いできるのを楽しみにしております。

http://redribbon.or.jp/peer/

(龍太&ミツル)

ヤフオク出品中!ハンドメイド クッションカバー「曲がりくねった道」2枚組 43㎝×43㎝(中身なし)

ただいま、ヤフオク!にてレッドリボンさっぽろのキルト部門で製作した作品を出品しています。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20200110202327p:plain

パターン「曲がりくねった道」が、かわいいお花のように見えます。
春の訪れを感じさせるような明るく暖かな色合いの作品です。
お部屋に置いて一足先に春を呼びこみませんか。
この作品は、カバーのみで、中身は付いておりません。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20200110202414p:plain

この商品は以下のURLから入札することが出来ます。(ほかの詳細画像もあります)
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t697897414
NPO法人レッドリボンさっぽろキルト部門では、HIV/エイズを原因とするさまざまなトラブルの中にいる子供達をサポートすることを目的として活動しています。
子供達が、より良い環境の中で暮らしたり、教育を受けたりすることができるようになればと願い、海外エイズ遺児支援団体に定期的に寄付金を贈りその活動に役立てていただいております。
今回のオークションで得たお金は、その資金の一部として使わせて頂きます。
あなたの支払った代金が、そのままHIV/エイズに苦しむ子供達に喜びを与えます。
私達の主旨にご賛同頂きましたら、是非入札をお願いいたします。

【お知らせ】2019年12月31日(火)の「エイズ電話相談」をお休みします。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191224194038j:plain

日頃より当会の活動にご理解とご協力ありがとうございます。
2019年12月31日(火)の「エイズ電話相談」は、
年末年始期間中のため、活動をお休みします。
尚、2020年1月7日(火)の「エイズ電話相談」は、
通常通り19時から22時までおこないます。
今後とも、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

NPO法人レッドリボンさっぽろ スタッフ一同

ヤフオク出品中!ハンドメイドパッチワーク 和風アンティークなタペストリー 125㎝×29.5㎝

ただいま、ヤフオク!でレッドリボンさっぽろのキルト部門で製作した作品を出品しています。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191218184434j:image
帯をベースにしたおしゃれなタペストリーです。赤い古布のログキャビンを並べ刺し子の糸でまわりを飾っています。和室にも洋室にも合いそうです。新しい年を迎えるのにピッタリな作品です。

この商品は以下のURL先ページから入札することが出来ます。(ほかの詳細画像もあります)
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m378081877

NPO法人レッドリボンさっぽろキルト部門では、HIV/エイズを原因とするさまざまなトラブルの中にいる子供達をサポートすることを目的として活動しています。
子供達が、より良い環境の中で暮らしたり、教育を受けたりすることができるようになればと願い、海外エイズ遺児支援団体に定期的に寄付金を贈りその活動に役立てていただいております。
今回のオークションで得たお金は、その資金の一部として使わせて頂きます。
あなたの支払った代金が、そのままHIV/エイズに苦しむ子供達に喜びを与えます。
私達の主旨にご賛同頂きましたら、是非入札をお願いいたします。

【報告】11/22(金)~23(土)世界エイズデーシアター「PRESENT」会場にブース出展しました。

こんにちは。くるみです。

12月1日は世界エイズデーです。

札幌でも、世界エイズデーを間近に控えた11月21日(木)~23日(土)の3日間、世界エイズデー札幌実行委員会が企画し、お芝居を通して、HIV/エイズについて考える「世界エイズデーシアター」が今年も開催されました。

いつも当会では、主に広報協力をさせて頂いておりますが、今年は、金・土曜限定で、【ブース出展】もしましたので、まずは、今回参加したスタッフひろこさんからのレポートです!


f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191204175911j:image

こんにちは。ひろこです^^

世界エイズデーシアターでのブース出展に参加してきました!

今年は1回でも多くアウトリーチに参加したいと思っていたので、頑張るぞ〜!!と気合いだけは入れていきました(笑)

毎度緊張しちゃう自分なのですが、くるみちゃんや、世界エイズデー札幌実行委員会さんの声出しを聞きながら徐々にアピールしていくことが出来ました。

募金もたくさんいただき感謝しています。
次回のアウトリーチも、当会についての情報や知識のUpdateを積極的に発信していけるように、頑張りたいです^^(ひろこ)


f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191204180013j:image


今回は、一つのテーブルを世界エイズデー札幌実行委員会さんと共有していて、長机1/3くらいの小さいブース(写真向かって右側1/3が当会のブース)でしたが、足を運んで下さった方々とゆっくりお話しすることができました。

ブースに設置していた『検出限界以下なら感染しない』のくまちゃんポスター(当会作成)を見て「お芝居の中にもあったけど、このこと知らなかったんですよね~」と話して下さる方もいました。また、後日、お芝居を見に来て下さったお客様から、ブースで配布していた資料が欲しいとお問い合わせも頂きました。

エイズデーのイベントに当会のブースがある、ということはやはり意味のある事だなーと感じました。

今回のブース出展では、ありがたいことに、多くの方が当会の募金箱にお金を入れてくださり、実行委員会がおこなっていたクラウドファンディングとは別に、【4,105円】の募金を頂きました。ありがとうございました。

当会の活動に大切に使いたいと思います。

今後も、ワクワクするアウトリーチを考えて、あなたと一緒に知識のUpdateをしたいと思いますので、よろしくお願いしますm(__)m

 

※※※


今年は、2014年のエイズデーシアターで上演した『PRESENT』を2014年の時とは違ったキャストで、2019年の札幌を舞台に変え、再演されました。

お芝居の中には、カミングアウトする側だったり、される側だったり、それは、パートナーだったり、親だったり、友人だったり、支援する人だったり…
様々な立場の人が色々な想いを抱きながら、それぞれが前に進んでいきます。

自分の家の隣で、起こっているかもしれない会話や日常で、身近に感じやすいお芝居だったと思います。

2014年から5年経ち、HIV/AIDSの医療は、どんどん進歩しています。
薬の服用は1日1回が主流になり、きちんと治療ができてウィルス量を検出限界以下まで抑えられていたら、誰かに感染させることもなくなりました。

でも、変わっていないことも、まだまだあります。
その一つに、差別や偏見があります。

お芝居の最後に司会の村形さんが
HIVに感染している人は、あなたの周りに【いない】んじゃなくて、【言えない】んです。」
と、仰っていました。

勿論カミングアウトすることが正義という訳ではありません。

でも、「言わない」のと「言えない」のは違いますよね。

言っても、言わなくても、周りはそれを尊重して、『感染している人もしていない人も、今日も隣で生きている』という事を忘れずに、大切に毎日を過ごしたい。

今回の世界エイズデーシアターが差別・偏見の解消につながっていると信じて…。

(くるみ)

ヤフオク出品中!ハンドメイドパッチワーク えんじ色のフレーム 107㎝×102㎝

ただいま、ヤフオク!でレッドリボンさっぽろのキルト部門で製作した作品を出品しています。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191124193724p:plain

たくさんの色柄の生地を集めて作りました。
えんじ色のフレームが、全体を引き締めています。
小さいお子様のプレイマットとしてなど、利用範囲の広がる作品です。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20191124193745p:plain

裏面も表面のイメージを引き立てる生地となっています。

この商品は以下のページから入札することが出来ます。(ほかの詳細画像もあります)

page.auctions.yahoo.co.jp
NPO法人レッドリボンさっぽろキルト部門では、HIV/エイズを原因とするさまざまなトラブルの中にいる子供達をサポートすることを目的として活動しています。
子供達が、より良い環境の中で暮らしたり、教育を受けたりすることができるようになればと願い、海外エイズ遺児支援団体に定期的に寄付金を贈りその活動に役立てていただいております。
今回のオークションで得たお金は、その資金の一部として使わせて頂きます。
あなたの支払った代金が、そのままHIV/エイズに苦しむ子供達に喜びを与えます。
私達の主旨にご賛同頂きましたら、是非入札をお願いいたします。

【報告】10/19(土)に陽性者交流会 in HOKKAIDOが開催されました。

f:id:red1_ribbon2_sapporo3:20190422211135j:plain

朝晩少しずつ寒くなり、紅葉も終わりに近づいてきた10月19日(土)に、今年度4回目となる土曜日の陽性者交流会inHOKKAIDOを札幌市内の公共施設で、初参加3名を含めた総勢13名開催しました。

いつものようにグランドルールの読み合わせをした後、カードを使って自己紹介を行いました。

『参加しようと思った動機』を選んだ方からは、「通院している拠点病院で看護師さんに教えてもらいました。自分でもネットなどでよく調べて参加することにしました。皆さん優しそうな人たちで安心しました」との声を頂きました。どんな人でも初めて参加する時ってすごく勇気が必要ですよね。今後も初めて参加される方にとっても居心地がよい雰囲気づくりをしていきたいと改めて感じました。

そして、『私の近況報告』では、「楽しみにしているライブが近々2つあります。仕事は大変だけど、それを楽しみに日常を暮らしています」そうそう、大事なことですよね、楽しみにしていることって。楽しみなことが原動力になるから、いやな仕事でも頑張らなきゃ!!って思えるんですよね。

後半は、参加している皆さんから頂いた質問などをカードにしてそれをテーマにトークをしています。

『感染発覚後、友人には伝えましたか?』という質問では、仲のよい友人・親友には伝えていると言う人が多かった一方、「誰にも伝えていませんし、今後も伝えるつもりはありません。墓まで持って行くつもりです」という方もおりました。どちらが良いということではありません。自分がどうしたいのか?伝えられた相手はきちんと受け止めきれるのかと言ったことも考えられるといいですよね。 

 『キャッシュレス決済を使っていますか?』
10月についに消費税が8%から10%になりました。増税後に利用店舗によっては2%または5%のポイント還元が経済産業省などの施策で行われていますね。利用できる店舗が徐々に増えていることもあってか2/3くらいの方が何かしらのキャッシュレス決済を使っているようでした。PayPay、nanacoWAONなどに1万円程度をチャージして使ったり、クレジットカードと複数使い分けている方も。「小銭管理しなくていい」とか、「割り勘機能が便利」といった意見がありました。一方、利用していない人は「いろいろありすぎて面倒…もうちょっと統一されてからかなぁ」「あまり信用していないのでまったく使っていない。カードはもってるけど、利用は最低限」という声も。確かにもう少しまとまってくれると消費者としては使いやすいですよね・・・。

 『1ヶ月1回の注射と3ヶ月に一回の薬、どっちがいいですか?』

「月に1回通わなくちゃいけないのが負担なので、薬がいい」「どうもお尻に注射で痛いらしい・・・」「飲み忘れるかもと思ったら、注射のほうがいいなぁ」などなど意見がありましたが1ヶ月に1回の注射だと多くの方が今までのままが良いと答えましたが、『もし、今後注射の間隔が延びて3ヶ月に1度になったら?』と尋ねたところ、全く逆の結果になり、多くの方が注射が良いと答えていました。
今の通院頻度で注射をうち、薬を飲む煩わしさがなくなることは陽性者の抱える「毎日薬を飲み忘れないように・・・」とか、旅行や出張の時は「薬を忘れずに持って行かなきゃ」などいう心的ストレスの軽減につながることは喜ばしいことです。

終了後は札幌駅周辺で懇親会をおこない、みんなで牛鍋をつつき、つくねやザンギをつまみながらおいしいお酒を頂きました。次回、陽性者交流会 in HOKKAIDOは年の瀬も迫った12月21日(土)の開催です。

2019年8月~2020年4月実施の陽性者交流会inHOKKAIDOは北海道ろうきん様の助成により無料で参加頂けます。また、今年度はご要望に応え2回目の平日夜開催を実施します。次回の平日夜開催は2020年1月22日(水)の18時30分からです。

性別・セクシャリティ・感染経路を問わず、陽性者の方であればどなたでも参加頂けます。これまで参加したことがないあなたもこの機会に是非参加してみませんか?交流会でお会いできるのを楽しみにしております。

http://redribbon.or.jp/peer/

 
(ミツル&龍太)